ネットワーク

聖餐式ミサの後、足早に教会を立ち去ろうとする私の肩を、神学生の染谷さんが掴んで言った。

「ちょっと、ちょっと。兼子さん、行かないでくださいよ。最近、どうです?」

「すみません、市川聖マリヤ教会にはお世話になっていますけど、やっぱり、私、洗礼、堅信は立教大学で受けたいと思っているんです……。それはともかく、この頃は山谷のカトリックの修道院の炊き出しを手伝っているんですよ。ジャガイモの皮を剥いたり、玉ねぎを刻んでいます」

「浅草の聖公会の教会も炊き出しをしていますよ。ぜひ、訪ねてみてください」

「そうなんですか。浅草、山谷はやっぱり面白い街ですよ。炊き出しなどの活動に、宗教、宗派を超えていろいろな人々が参加するんです」

「私も横浜の寿町に行ったことがありますから、その光景はよく分かります」

「山谷の炊き出しの最中には、カトリック式のお祈りもしています。やはり、あちらの方々は聖母マリアを崇拝しているのですね。キリストの像もよくお見受けします。聖公会、アングリカンの簡素なスタイルと違うので、ちょっと驚いています」

「カトリックは聖者の像もよく作りますね。聖像に関して言えば、アングリカンはプロテスタントの影響を受けていますから」

「そういえば、山谷のホスピス きぼうのいえの理事長は、聖公会の牧師と聞いたのですが」

「下条先生ですね。東京タワーのすぐ近くにある、聖アンデレ教会の牧師をされています。きぼうのいえの取材をされたければ、一度、訪ねてみるといいと思います」

その後、市川聖マリヤ教会をあとにした私は、自転車にまたがり、小岩の自宅に向かったが、帰路、驟雨はしりあめに見舞われた。そのために、昨日、銀座の教文館で購入した、舊新約聖書の本文が水濡れしてしまったが、こんなことは信仰生活の道程に当然起こることだ、とむしろ誇らしく思い直すことにした。それにしても、山谷の炊き出しに参加していると、いろいろな情報が耳に入ってくるし、そこで際会する人々は皆親切である。これだからキリスト教徒はやめられない!

今、政治と宗教の関係が云々言われているし、これを機に政治から宗教を完全に放逐して、真に世俗な国家と社会を作ろうと、声高に主張している哲学者、政治学者もいるが、私にはまったく浅薄な意見に思われてならない。

私は人間として、よく食べ、よく飲み、よく交わる。肉体を備えたまったくの俗人であると同時に、精神を備えたまったくの聖人でもある。両者は時に矛盾することもあるが、それが人間的な魅力を作っていることは否めない。国家はともかく、私は社会にも、人間と同じように聖と俗の二面性を持ってほしい。快活と慈愛に満ちた社会は、そのようにして作られるのではないだろうか。

2022年前期の総括

春学期から参加していた立教大学の浪岡ゼミが一昨日、最終回を迎えたので、この半年間の自分の成長を総括したい。

  • 自分の書きたいテーマ、研究テーマを決めて、取材に行けるようになったこと。

  • 短歌を再開したこと。

案外、こんなものか。まだまだ全然ライターとして稼げてないし、依然、介護が主たる収入源になっている。この収入の不均衡は一人前のライターとして認められるには、何としても是正しなければならないけど、この状況は数年に亘って続くだろう。来年は大学の精神保健福祉士の講座を受講するので、ますます身動きが取れなくなるけど、研究、創作のサイクルは絶やさないように努めること。

『山谷のキリスト社会:炊き出しの論理』は8月から執筆する。パワーポイントでお茶を濁さないで、ちゃんとLaTeXを使って書く。

魂の平和

この頃、思わぬ時に内省したり、あるいはただボンヤリ時を過ごしたりしてしまって、身辺雑事が手に着かなくなってしまっている。

生来、神経症に苦しめられていた中村真一郎は、自分の人生の目標は魂の平和を得ることだ、と折に触れて語っていたが、彼はその境地を得ることは稀であった。彼は愛と美を描くことが、自分の文学的使命だと称していたが、実人生の彼は頻繁に希死念慮に襲われていたし、その作品も彼の人生の苦しみを投影していた。『魂の暴力』『陽のあたる地獄』などの作品群がそれを表している。

私の人生観も基本的に彼と同じで、この地上は地獄だと思っている。私は祝福された1、他人とは違う特別な存在であると自覚しているが、それでも病気、貧困、絶望に挫けそうになる時がある。

それでも、この混乱と闘争に満ちた地上において、ひとえに人々に平和をもたらすものは愛ではないか、と今では思っている。愛と恩寵は同義である。それは人々が歌い、物語りをする動機にして目的なのではないか。アルファにしてオメガである。


  1. 神に、と言ってもいいかもしれないが、実は、私はその表現に特別のこだわりはない。ただし、神性ないし善性は、地上に住まう肉体を備えた、人間という有限な存在を通じて顕現されうると信じている。