宵待の平和

一昨年おととし頃から職場に馴染みきることができない。職場の同僚と融和することができないのだ。常勤から非常勤に降りて、別の仕事を始めようとしているから、会社と業界に見切をつけている意志は明白なので、当然なのだが、実際に行動に写す前からその萌芽は存在していたような気がする。私は結局、介護の仕事とその現場に親しむことができなかった。これが答えではないか。人は少しでも自分が活躍できる場所、安心できる場所で働くべきである。今回の転職活動はそれを探求する旅だと思うと、少しワクワクしないだろうか。私の居場所はどこにもない、どこに居ても異邦人である、と観念するのは簡単だけれども。

施設の仕事を終えて、帰路、コンビニでPeaceを買う。両切のショートではなく、フィルター付のキングサイズである。ソフトパックのベージュのPeaceである。

自宅の書斎で、雨戸で締め切って一喫する。私は煙草は広々とした屋外で吸うよりも、四畳半の密室で吸う方が好きなのだ。副流煙も含めて楽しめるのが、その理由として挙げられるが、私は煙草は隠れ家で吸いたいというのが最大の動機として挙げられるだろう。だから、職場の喫煙所にはほとんど行かない。同僚には私は非喫煙者に思われているが、その実、私は大の煙草の愛好家である。喫煙の文化と伝統も守りたいと思っている。ゆえに私は加熱式タバコには断固反対である。話が逸れた。結局、酒も煙草も家で飲むのが一番うまいのである。

Peaceは副流煙が美味い。甘く、丸味のある喫味なのである。やさぐれて、とげとげしくないのである。もちろん、私はもう少し辛く、刺激の強い煙草も好きだが、趣味として煙草を嗜むならば、こういう上等な銘柄は必ず知るべきだ。私はパイプの愛好者であり、この喫煙具に執しているから、最後はパイプ一本あればそれでいい。しかし、たとえ世界からすべての紙巻がなくなろうとも、Peaceだけは残してほしいものである。

宵待のPeaceに小さき火をつけて甘き煙はカウンターに満つ

Peace

溶けたタマネギ

一昨日、夕食にカレーを作った。材料は鶏肉、ニンジン、タマネギ。ルーはゴールデンカレーの甘口を使った。

大鍋に具材を入れて、30分ほど煮込むと、大まかに刻んだタマネギは概ね溶けてしまった。ニンジンは1袋(3本)を使用したので、鶏肉よりも存在が目立ち、結果として、チキンカレーというよりも、ニンジンカレーとなった。

素材ないし材料をいかに活かすか? その点、料理と文学は相通ずるものがあるが、私は文学に比べると、料理は繊細さに欠け、男の料理の域を出ることはない。生活において、読書、執筆、睡眠を優先しているので、食事は手早く済ませたいのだろう。それなりに栄養があり、満腹になればそれで良い。私は食事に関して、つべこべ言うのははしたないことだと思っているので、グルメではない。ただの大食漢である。その点、文学に対する気難しい、神経質な態度とは大きく違っている。

しかし、仕事と勉強の合間に包丁を持つのは、それなりに気分転換になるし、癒しにもなる。今年は創作と料理に励んで、再生の道を歩みましょうか。

シオンの女

腰が痛い。言葉ではいくら福祉と介護を蔑していても、実際に職場に来れば真面目に働くものだ。ただし、労働が激しい分、罪深さと虚しさが残る。潮時に変わりはない。

昨夜、シオンのむすめが来た。このむすめという言葉は便利で、むすめよりもう少しニュアンスに広がりのある言葉だ。おみなというたおやかな響きもいい。

お互い夕食は食べていたので、酒を嗜む。梅酒、葡萄酒、フレバード・ワインを少々。ウイスキーはやらなかった。彼女は煙草を吸わないので、私も吸わない。微酔より程よく酩酊して、気持よく眠ることができた。

アルコール依存症は孤独の病だ。患者はアルコールに対する嗜癖性を当然もっているが、彼の実存は孤立した状況に置かれている。彼は己の孤独に傷つき、倦んでいるのだ。しかして、アルコール依存症の治療には服薬し、規則正しい生活習慣を身に着けることに加えて、彼の孤立的状況を少しでも解消する必要がある。

シオンのむすめ——彼女は医者でも看護婦でもないが、彼女の存在は私にとって、慰謝そのものである。天然の妙薬のごとし。最低週1回の処方が望ましい。