特権的瞬間

未だ低空飛行を続けている。申し訳程度に短歌は書いているし、作品のクオリティはそこそこ担保している。しかし、いかんせん生産高が少ない。これぐらいの作歌のペースだと、毎月結社誌に詠草を提出し、歌会に参加していると、すぐに顎が出る。今こそ歌人と…

クリスマス・イブ

日本でクリスマス・イブといえば、世間的には恋人あるいは家族と仲睦まじく過ごすとされているが、私にそのような習慣はない。幸いにして、私はキリスト教徒なので、教会に行き、キリストの生誕を祝うが、今年は喜びよりも哀しみの方が大きい。大部、自分勝…

フェミニスト

この頃、文体が崩壊しつつある。理由は何であれ、壊れれば、壊れるに任せればいいし、持ち直せればそれに越したことはない。しかし、大切なことは、まるでハミガキをするごとく毎日書き続けることである。そうすれば、自ずと、自分の才能に気づいて、案外、…

師走の候

コロナとの戦いで、長時間ストレスに曝されているせいか、同僚たちのお腹の調子が悪い。防護服を脱ぎ、下腹部を抱えてトイレに駆け込む姿が目立つ。私もなんだか胃がムカムカする。終業間際に上司の吉野さんが言った。「いつまでこれが続くんすかね」 365日…

rainer Widerspruch

我愛かなしめり。純粋な矛盾を生きている。こういう時は書くに限る。書いて、書いて、己の現存在を忘れること。 放擲していたルポルタージュを書き継ごう。作品の完成を心待ちにしている人は結構いる。下手でもいい。不完全でもいい。疑問、反論の余地を残さ…

来し方行く先

職場のコロナ禍はようやく落ち着いてきて、とりあえず私の配属されているフロアでは新規陽性者は出なくなった。ただし、他のフロアに飛び火しているので、感染が全館に拡大しないようにウイルスを封じ込める必要がある。今が正念場である。 昨夜は5時間くら…

HotLine

一昨日、昨日は本当によく電話をした日だった。まさしくホットラインと呼ぶにふさわしい、まるで私自身が受話器になったような感覚だった。コロナ禍のために実際に会えない事情があるが、通話時間は私達の活動が質量ともに増大している証左だと思いたい。 マ…

コロナ鬱

コロナ禍における鬱病、いわゆる、コロナ鬱について思う。 このブログは今まで明確に新型コロナウイルスの概念を使うことを避けてきたが、今回の事象はそれが原因であることは明らかなので、隠語等で包み隠さずに書きたい。 私は特別養護老人ホームで非常勤…

ポケットウイスキー

吉田満『戦艦大和ノ最期』に、士官たち、殊に若者たちが、戦闘前に絶望的な気持を少しでも持ち上げようとして、ポケットウイスキーを呷る場面がある。 英国海軍には士官がウイスキーとジンを嗜む伝統があるが、彼等を模範に創られた大日本帝国海軍にもこの伝…

デスマーチ

利用者の8割は陽性。職員は罹患してバタバタ斃れている。このような状況の中、私は生き残りの一人だが、私もいつ抗原検査で陽性になるかも知れない。いや、最後まで頑張れるかもしれない。ここまで来ると、自分は大丈夫、と意気ることはすべて無意味で、罹る…

横文字の概念

職場でクラスターが多発している。 私の勤務している特別養護老人ホームは相部屋の多床型なので、それぞれの利用者はカーテンで仕切られていても、トイレを共有している。そのためにウイルスが蔓延しているのではないか。いや、そもそも認知症の老人を相手に…

二片の砂糖

胃がムカムカする。飲酒禁止。会社からの帰りがけに、スティックシュガーとコーヒーフレッシュを購入し、ミルクコーヒーを拵える。美味しい。何杯でも飲める。やはり、コーヒーはブラックよりも、砂糖とミルクをたくさん入れた、かなり甘めのコーヒーが好き…

夢を見る眼

出版社で派遣社員をしていた頃のことである。書籍と雑誌の用紙を都合する部署で事務員をしていた。仕事柄、紙屋と印刷屋は常に取り引きがあった。紙の銘柄と本の部品の組み合わせにもよるが、仮に一万部の本を出版すると、何十万円、何百万円の用紙代が発生…

われ巷間にあり

異動してよかった。私が働いているのは低所得者向けの特別養護老人ホームだけど、新たに異動した職場は、それに以前働いていた有料老人ホームの最良の部分を繋ぎ合わせた感じだ。基本に忠実な丁寧なサービスをしている。新しい学びがある。職員の当たりは比…

わたくし事として

わたくし事で恐縮だが、明日12月1日付で、私は職場を異動することになる。会社はまるで腫物に触るように私をたらい回しにしているし、結局は年度末に辞めてしまうのだけれども、ここではその話は繰り返さない。ただひとつ言えることは、介護はけっして誰でも…

泥濘を歩く

なにか面白いことはないか? ——石川啄木 毎日、短歌を1首書いている。これは小説が思うように書けないから、多分、その代償に違いないが、それでも構わないと思っている。近頃、内容としても、形式としても、スカスカな散文を書いているので、それを稠密な韻…

ウイスキーのお別れ

昨日、職場の同僚の板橋さんが、私が来月異動するので、餞別としてウイスキーをくれた。昨日が一緒に働く最後の勤務だったのだ。 ウイスキーの銘柄はTINCUP。アメリカン・ウイスキーで、コルクの栓にフタをする形で、鉄製のカップが付いている。心身の調子が…

三会の辞

週に1、2回会う音楽家と協議して、互いに短歌と歌詞を持ち寄り、批評し合う会を発足した。その名は《三会》である。私たちが行きつけにしている、バー 二階アップステアーズにあやかり、私たちが昇ることができる架空の階段があると見て名づけた。批評会と研…

歌壇復帰

昨日、ブログに上げた連作「湯浴」は、職場の落語好きの年輩の同僚との競作の賜物である。 正直、自分でも驚いている。文語がごく自然に扱えるようになっている。半年間、文語訳『聖書』を読み続けた成果だが、自分の文体として結実しているとは思わなかった…

湯浴

バスタブに深く身体を沈ませて咽び泣きたる夜もありしや 数滴のシャボンをタオルで泡立てて我が身の錆を洗い落せり 追い炊きに男子おのこの頬は朱け染めて父の御前で数を数えき 乳房より流るる湯をば堰き止めて君を背なから抱きしめており

傷ましき腕

岡本太郎「傷ましき腕」 表題は戦中、岡本太郎が二科展に出したデビュー作から借りた。 昨日、音楽家の友達と炬燵を囲みながら話していて、「ロックの定義は何だ」ということになった。私はしばし思いを巡らして、「傷ついていること」と答えた。文学者の私…

時には葡萄酒を

今年、健康診断を受けていないから、自分の身体がどうなっているのか分からないけれども、このごろ酒を飲み過ぎていると思う。時間なんて関係ない、機会があれば飲んでしまうし、その種類もビール、ワイン、ウイスキーなど、洋酒であれば何でもいけるのでケ…

広告編集

「すると、文化面はこれでいいんだよ」中村は敦子から田川典子のほうに向きを変え、割付け用紙に赤鉛筆で斜めに線を引いた。「海鳥社のリルケ書簡集の広告が下にくるだろ? 沖村君が親父さんのコネで取ってきてくれたんだ」 「文化面は、記事とタイアップし…

事物と思想

大学生の頃、指導教員の先生に突きつけられた言葉がある。 「あなたは理論が好きなんです」 先生は檄して、感情を顕わにして言われたが、10年以上たった今でも鮮明に覚えている。それは後の人生で、先生以外の人々にも繰り返し言われてきたからだ。 思想(理…

モグリの医師

ブラック・ジャック 21 ブラック・ジャック (少年チャンピオン・コミックス)作者:手塚治虫手塚プロダクションAmazon 今、大塚愛の楽曲を集中的に聴いている。やはり、好きなのは「黒毛和牛上塩タン焼680円」で、これは平成版『ブラック・ジャック』のEDテー…

悪徳と悲惨と恍惚と

小説を一本書いているが、思うように筆が進まない。たぶん、集中力が足りないのである。先日、友達に「考えがとっちらかっている」と指摘されたが、そのとおりだと思う。考えがまとまらないのだ。精神的に障害を抱えていて、薬を飲んでいる以上、体調の良し…

本業と副業

10月の給与が振り込まれた。手取18万円也。週5日フルタイムで働いてこの程度なのだから、もう見切りをつけるしかない。「ライターの仕事が軌道に乗るまで、うちで働ければいいじゃないですか」と同僚は言ってくれるが、数年間この生活を続けていれば、生計は…

垂直と水平

大将と和解した。酒の力も借りて、わだかまりが解けたような気がする。キリストはみずからを通じて、人に神と和解することを説いたが、人はまず神と和解する前にみずからの隣人となりびとと和解しなければならないのではないか。否、まず神が先だろう。人は…

嗜好品

早番の勤務が終わると、私は休憩室にいる直属の上司Iさんに声をかけた。 「手巻煙草、試してみませんか? 見た目はぶかっこうですが、一本一本、私が手で巻いてきたんです」 「いいよ、一本ちょうだい」 私達はオフィスからベランダに出た。喫煙所になってい…

選ばれし人

情熱冷めやらず。昨夜遅くまで、ファミリーマート西小岩店の軒先で、音楽家と学生、そして異邦人ことくにびとと飲みかつ話した。3時間ほど眠ったあと、顔を洗い、髪を整えて、池袋の立教学院諸聖徒礼拝堂(立教大学チャペル)に出かける。 聖餐式が終わった…