食べ物の思い出

寝起きに、母がおみやげに持たせてくれた〈ままどおる〉を食べる。熱いウーロン茶をすする。

今日、職場の上司が、私がくたびれていると見て、ゼリー飲料〈即攻元気〉を1個くれた。食べ物、飲み物の恩は忘れがたい。後日、ふとした瞬間に思い出すのは、疲労困憊している私に食べ物をくれた人々の優しさだからだ。